噛みやすい食事の工夫

噛みやすい食事の工夫

こんにちは。管理栄養士の村田です。
最近はグンと寒くなりましたね💦
体調を崩しやすい季節。冬の野菜は身体を温めてくれます。
食卓にぜひ積極的に取り入れてみてください。

 

わたくし村田は、新年早々父と福岡の地元の山を登ってきました☀
毎年恒例になりつつある初日の出を見に行きました!!絶景!!
小学生の子供たちもたくさん登っていて体力と根気に拍手でした👏

ここ何年か、父の影響で登山を始め、最初は連れて行かされていましたが←
頂上に着いた時の感動が忘れられないので、きついのですが
今は自分から登りたいと言って登るまでに(=゚ω゚)ノ登山おすすめですよ♫

まだ登山グッズもまともに持っていないので、お金に余裕が出てきたら
買いそろえるかもしれません…♡
そして、登山しているよ!という患者様もたくさんいました!!
おすすめがございましたら是非村田まで教えてください。

 

さてさて今回は、抜歯をした時、矯正中の方、インプラントをした方など
何かの原因で食事がしづらい方のために、噛みやすい食事の工夫をご紹介します!!

と、その前に、歯がないまたは噛めない方は、
硬いものが食べれないため、軟らかい食事をとります。

 

軟らかい食事と言えば何を思い浮かべますか??

 

うどん、おかゆ、菓子パン、、、

そうです、意外と糖質のものが多いんです!
そのため糖質の多い食事をとり続けると、栄養が偏って体調を崩したり、虫歯、歯周病、
病気になりやすい身体になってしまう可能性があります。

しかし、普段のちょっとした工夫でバランスのとれた噛みやすい食事を取ることができます!
↓↓↓↓↓↓

1、奥歯の上にのる5~8mm角、あるいは5~8mm厚さが基本。

2、麺類
3~5mm長さに切る。

3、肉
肉は調理をする前に筋を切ったり除いたりする。
筋は脂身と赤身の間にある。鶏ささみ肉は真ん中の白いのが筋。

4、野菜など
野菜などは線維を断ち切るように切る。

5、噛み切りにくい部分(皮など)取り除く。

6、噛みだすきっかけのためや、噛みやすくするために切り目を入れる。
薄っぺらい葉物は端から巻いて厚みを持たせる。

7、きのこ
軸が食べにくいきのこは、笠の部分のみにする。
それでも食べにくいきのこは、切り目を入れるかみじん切りにする。

個人的には、大学在学中に自分の中でブームで毎日料理に使っていた塩麹もお肉が柔らかくなるので
ぜひオススメです!当院の衛生士倉形も現在、お弁当で塩麹につけた鶏肉を持ってきています!
また、飲み込みやすいように、片栗粉などでとろみをつけるのも良いですね♫
さっとご紹介しましたが、皆さんもぜひお試しください!

実際、抜歯をした方、矯正中の方、インプラント手術を受けた方に
「やわらか食レシピ」が書いたプリントをお渡ししています。

もし、普段の食事が気になる方、またはご家族の方で食べづらい方がいましたら
お気軽に受付にてお声掛けください。

 

それでは、今年も皆様にとって歯っぴーな2020年になりますように。

★ 移転のお知らせ ★

等々力歯科室は、皆様により快適な診療をご提供するため、2017年2月より同じビルの2階に移転し、診療しております。 尚、電話番号、診療時間におきましては、変更はございません。
※当院は完全予約制となっております。お電話でのご予約をお願い致します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

等々力歯科室はデンターネットに参加しています。
皆様の投稿によるランキング・ホームページへのリンク集です。「等々力歯科室、良いね」と思って頂ける方はこちらからデンターネットに行って 「等々力歯科室」の欄の右側にある「HP」というボタンをクリックしてください。

☆以前のブログ記事はこちらから

ご予約・ご相談はお気軽にお問合せください。

ご予約・ご相談はお気軽にお問合せください。

お電話の方

診療時間
9:00-13:00 ×
14:00-18:00 ×

▲:土曜日14:00-17:00

かんたんネット予約

この予約は初めての方のみ予約可能です。 一度ご来院いただいた方のネット予約はできません。
*火曜日の託児をご希望の方はネット予約は受け付けておりません。  直接お電話での予約をお願いいたします。

ページトップへ